厚生会クリニック

 

 

 

 

 

 

 

抗加齢医学


ドクターコラム new

厚生会クリニック 院長 安田 悟

皆様、こんにちは。地域の皆様方には、日頃より大変お世話になっておりまして、誠にありがとうございます。
さて、「健康寿命」という言葉を知っていらっしゃる方も多いことと存じます。これは、2000年にWHOが提唱した概念です。平均寿命が、寿命の長さを表しているのに対し、健康寿命は、日常的・継続的な医療や介護を必要としない、自立した生活ができる期間を意味しています。
残念ながら、平成25年の統計によれば、平均寿命と健康寿命には、男性で約9年、女性で約13年の差があります。つまり、この期間は、自立度が低下し、医療や介護が必要となるということになります。
「元気で、長生き!」という言葉がありますが、できるだけ健康寿命を伸ばし、できるだけ長く、自分らしい、生き生きとした生活を送りたいものです。このためには、バランスのとれた日々の食事や、適度な運動の継続がとても大切になると思います。
食事については、減塩を心がけ、野菜の摂取量を増やし、お肉、お魚などの良質のタンパク質をしっかり摂ることが重要です。当院では、管理栄養士による食事指導も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。
運動については、なかなか運動をする機会がない、とお考えの方も多いと存じます。ホリスティカかまたには、健康創造館という運動施設もありますので、運動を習慣化するためにも、ご利用いただきたいと思います。
また、当院では、特定健康診断をはじめとする、様々な健診を実施しております。健康チェックのためにも、是非、定期的に健診を受けていただきたいと思います。
今後も、少しでも地域の皆様方のお役に立てるよう、誠心誠意努力してまいりたいと存じます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。