「歯周病と糖尿病」 new
歯周病と糖尿病

 タイトルに挙げました「歯周病と糖尿病」ですが、一見なんの関係があるのかと思われることでしょう。しかし、実はこの2つの病気には大きな関連があります。今回はこのことについてお話ししてみます。

 糖尿病とは、膵臓から血糖を下げてくれるインスリンというホルモンが足りないため、または、分泌されたインスリンに異常があり、血糖値を下げる機能がないため、慢性的に高血糖状態になる病気です。長年、糖尿病を患っていると、目が見えなくなったり、腎臓の機能を失い、おしっこが出なくなってしまったり、足が腐ってしまう危険があります。
 糖尿病を治すために考えられることは、お薬を飲んだり、注射を受けたり、食事の栄養バランスやカロリーに気をつけ、運動を行うことかと思います。

 さて、では歯周病がこの糖尿病に何の関係があるのでしょうか?
 実は糖尿病を患っている方の内、80%以上は歯周病をも患っていると言われており、その歯周病を治すことで糖尿病にも改善効果があると言われております。

歯周病 歯周病を何十年も患っていると、歯周病によってできた悪い物(歯茎で壊れた物や歯茎の細胞が出した悪い物)や、歯周病を引き起こしたバイキンの毒素が血管の中に入って、全身をめぐります。その悪い物質が血糖を下げてくれるインスリンの作用を低下させ、血糖コントロールに悪影響が及びます。そのため、糖尿病を改善させる上で、歯周病によって出される悪い物質をなくすこと、歯周病を治すことが大事なわけです。実際に、歯周病の治療を受けた方の血糖コントロールが良好となり、血液検査で糖尿病の指標の1つであるHbA1cが減少したという報告が多くみられます。

 糖尿病を患っている方で、お口の状態を把握されてない方、歯周病が進行していないか歯科医院で検査を受けられることをお勧めいたします。そして、歯周病を治し、糖尿病も改善していきましょう。

掲載日:2012年4月3日
コラムTopへ戻る

 

Designed by CSS.Design Sample